終わった後の何とも言えない感じ

大学受験を終えた当時では、ここまで長い時間勉強を続けていたことはありませんでした。高校受験の時も頑張ってはいましたが、当然大学受験の方が勉強量は多かったです。毎日毎日勉強勉強でした。すき間の時間も見逃しません。お風呂に入っていても、トイレに入っていても勉強していました。そんなことが続いたせいでしょうか。せっかく大学受験が終わったのに私はあることを思ってしまいます。「今から何を勉強しようか。」と思ってしまったのです。
今まで続けていたことを急に止めるのはなかなか難しいことです。それは受験勉強のように長く苦しいものであっても言えたようです。まだ何か勉強しなくてもいいのかと思ってしまいました。むしろ、終わってしまって、「自分はもっとできたのに!」という思いがあったから勉強したいと思ったのかもしれません。やることもないのに、しばらくは勉強机の前に座って落ち着かない日々が続きました。
そんな私の勉強したい病が治ったのは、大学の入学式を迎えた頃のことでした。