絨毯を販売する専門店

アルバイトの求人情報誌に、昼間の仕事としては多少時給の高いアルバイトがあったのです。それは絨毯を専門に売っているショップでした。どのような内容なのか電話で聞いてみたら、店内の販売スタッフでありながら、注文が空いたときには出先に商品を配達するなどの業務と言っていました。

ある程度の力仕事のようなのですが、時給も良いし、いい仕事なのではないかと思って面接に行きました。私は学生の頃は部活をずっとやっていて体格に恵まれているので、力仕事関係はすぐに採用になります。

そして、現場で仕事をするようになったのですが、そのほとんどが倉庫から絨毯を出してお店に陳列する作業と、トラックに積み込んだ商品を発注先のインテリアショップに運ぶ業務でした。

ただ、私が面白いと思ったのは、部屋のサイズに合わせて絨毯をオーダーした場合は、現場に入って採寸するのです。ミリ単位でぴったり合わせる絨毯なので、採寸は細心の注意を払ってやるのです。その後作った絨毯が、テトリスのようにぴったりはまった瞬間は感動できるのです。