継続も就活

就活といえば早い段階で正社員雇用を目指すこととかんがえる方もいらっしゃいますが、必ずしもそうかと言われれば疑問が残ります。就活の根源は仕事を見つけることにあるのですから、安定した仕事に就けるか否か就活の質は変わってくるものと思います。

というのも、アルバイトや契約社員からの正社員雇用というのも考えられる職場に現在在籍しているのであれば、その立場は決して侮られません。就職氷河期と呼ばれるこのご時世において現在働きながら尚且つ安定の正社員雇用が目指せるというのは最高の就活ではないかと思うのです。

仕事は就業形態で価値が変わるものではありません。どんな就業形態であっても働いている間はプロ意識は必ず必要です。そこでもしボーナスの支給であったり福利厚生を求めるのであれば、その仕事場の社員層を目指すのも良いのではないでしょうか。中には働きたくもない業種で正社員雇用だけを求めて失敗する例もあるくらいですから、それよりは地道に働きたい場所での正社員雇用を狙うのもありではないでしょうか。