緊張したアルバイト

私が始まる前までとても緊張していたアルバイトといえば、ティッシュを配るアルバイトでした。
当日はかごにてんこもりになったティッシュを渡されて、会社名のロゴが入った目立つ服を着て街頭に立ちます。
ただティッシュを配るだけではなく、隙を見て会社の宣伝をする必要があったりと、始まる前は人見知りの私が本当に耐えられるのか心配で心配で仕方なかった思い出があります。
しかし、いざ始めてみるとティッシュは結構受け取ってもらえました。
ただ、私の話しかけや会社の宣伝には露骨に嫌な顔をされることも多かったです。
ますます緊張してしまいましたが、断られると落ち込んだのも最初だけでした。
こっちも必死ですし、ティッシュを配り続けたり会社の宣伝を続けるうちにあまり気にならなくなり、淡々と仕事をこなせるようになって緊張は吹き飛んだことに自分でも驚いてしまいました。
結果的にティッシュも三時間もかからず配り終えることが出来ましたし、やり終えた後は一皮むけてたくましい自分になれた気がして、非常にやりがいがありました。