美味しくコーヒーを作るコツ

私が喫茶店でアルバイトをしていたときには、コーヒーがうまく作れなくて悩んだことがあります。長く仕事をしている女性スタッフに何度も作り方を習ったのです。

高いコーヒー豆を使うともったいないので、普通のアメリカンのコーヒーで練習しました。しっかりとドリップして抽出すれば最高の味わいになると言われて作ってみたものの、肝心のコーヒーの味が今一つ分からなかったのです。

まずはコーヒー豆をキリマンジャロやブルーマウンテンに変えてみて、コーヒーの味の違いを確かめるのです。ここが美味しいコーヒーか出来たかどうかの基準になるのです。やはり適当な紙パックのカフェオレばかり飲んでいては美味しいコーヒーの違いは分からないと思いました。

それが分かってからは、コンビニで味の違いの分かる缶コーヒーを買って、ブランドの違いを試していくようになったのです。喫茶店で美味しいコーヒーを提供するのは基本なので、この部分がしっかり出来る必要があります。