習字の仕上がりを採点するアルバイト

私は昔はかなり字がうまかったのです。習字を習ってる生徒は沢山いましたが、その中でもコンクールの度に金賞を取るような腕前だったのです。

ですが、それからほとんど文字のことは忘れていました。そんな中、習字を教える塾でアシスタントをするというアルバイトがありました。とても興味があったので電話をして仕事内容などをチェックしてみましたが、十分に私ができる範囲の仕事でした。

習字が何段であるか面接で話して、これまでの実績などをアピールしたら採用してくれる事になりました。ただ、子供達が書いた習字を採点するのは何の問題もありませんが、講師のように多くの子供達が見ている前で、書き方を教えるというのはとても照れくさいような感じがするのです。

性格によるものだと思いますが、あまりリーダーシップを取って人を引きつけるようなトークは私は苦手だったりするのです。そのあたりがネックでしたが、実際に業務をやっていると、書き方が勘違いしてる子供を熱心に教えていると、必然的に全員に注意を促しながら書き方を教えるようになっていました。