翻訳のアルバイトって

私はときどき英語の翻訳のアルバイトをしています。
叔父が、貿易関係の会社を経営していて、海外からの
文書の翻訳が必要なのです。専門的な内容も多くて、一般の
辞書には載っていない単語も結構あります。だから、専門
的な辞書は、叔父から借りて、あとは私が翻訳するということに。
とにかく大量に文書があって、何人もの人が翻訳に携わっています。
私はまだ学生の身なので、翻訳ばかりをやるわけにはいかないけれど、
将来は、自分の語学力を活かした仕事をしたいと常々思っていたので、
叔父からの依頼は、できるだけ受けて、せっせとアルバイト代を稼ぎ
ながら、自分の技量を培いたいと思っています。
実践的な仕事をすることが、最も力になるかもしれません。
アルバイトをして、自分の手でお金を稼ぐということは、
シビアな世界です。いい加減な気持ちで取り組めば、多くの人に
迷惑をかけてしまいます。私の翻訳を頼りにしてくれる人がいると
思うと、やりがいがありますし、とてもうれしいことです。