自分が受験のために実践した方法について

受験をしたことは今でも強烈な印象です。その時は様々な教科を勉強して自分のために頑張りました。しかし、私は仲間から多くのアドバイスなどをもらっていたので、途中で失敗しないで勉強ができたと思っています。
自分が受験で注意したのは新しい部分を常に勉強することです。受験では広範囲の課題が出るので、私は広い部分を勉強するように工夫していました。また、先輩などからもそういったアドバイスを受けていたのです。特に言われたのは全ての教科をしっかり覚えておくことです。
私は課題の教科を何度も復習して勉強を続けました。その範囲は非常に広いので一度しか復習しなかった部分もあります。しかし、それでもほとんどの範囲はカバーできたと思いました。実際にこういった方法で受験に挑んだのは成功でした。なぜなら、受験では多くの問題もスムーズに解決できたからです。
受験では様々な勉強法があるので個人的にも悩みます。しかし、私は先輩や教師から教わったポイントを参考にしたので大丈夫でした。