自分のしたいことを見つける

大学1年の時、部活に所属しました。
高校と違って、大学にはクラスのつながりは薄く、意識してコミュニティーに入らなければ孤立すると思ったからです。

「大学では友人をたくさん作って、ひたすら遊ぼう」と思って大学に入ったのですが、実際のところそれが良かったのかどうかは分かりません。
大学で友人を作ってもやっぱり自分のしたいことを妥協して友人の輪に定着することがどうしても抵抗を覚えてしまい。大学2年の頃から意識せずに自分のやりたいことをやり始めて、友人とも疎遠になり始めました。

何のために大学に行くのか、ということは確かに重要ですが、それ以上に「自分は何ができるのか」ということを知ることも重要だと思いました。
大学生は自由です。
特に制限がありませんから、奨学金をもらっていれば生活にも困りませんし、何よりも圧倒的な時間があります。

その時間を誰かのために使うのか、自分のしたいことをするのか、という選択を迫られたときに、私は後者を選んだのです。