自分の好きなことを捨てない就活を

人によって様々かと思いますが、それぞれ今まで取り組んできたことやこれからやりたいと思っていることはあるのではないかと思います。例えば音楽活動をこれからも続けたい、今から演劇の世界に飛び込みたい。ですが総じてお金がないので働きたい。そうした人たちの就職活動はなかなか困難を極めるといいます。時間の都合や拘束時間の兼ね合いでどうしても選ぶことが出来ないのです。

ですが就職というのは自分の能力を企業に買い取ってもらうことを言います。つまり会社にとって必要な人材である自分自身のその労力を買って頂いているのです。そう思うと仕事に重点を置かざるを得ない理由も見えてきます。

ですがどうしても自分の夢を捨てられないというのであれば、その話は就活中にもれなく伝えましょう。結果就職に至らない場合も多くあると思いますが、嘘をついて就業したとした時、自分の夢を損なうか会社に迷惑をかけるか、そうした自体にもなりかねない場合があるので、就活の段階から夢とのつきあいかたをしっかり見つめ、嘘偽りなく話すようにしましょう。