自分は眠れないと自覚したら終わり

受験勉強を続けていると寝不足になるケースが多く、どんな場所でもすぐに眠ることが出来るようになりました。しかし、逆に全く眠ることが出来ないというケースもありました。例えば、試験前です。模試は何回も受けましたが、自分の今の実力を教えてくれるのですから、いつ受けても緊張はするものです。なので、前日は眠ることが出来ないということが多かったです。眠いはずなのに緊張してしまい眠れません。目をつむっていればいつかは眠れるとはよく言われますが、長くつむり続けていればだんだん諦めの気持ちも出て来てしまいます。そんな時思ってしまうのが「ああ、今日は眠れない日だ。」ということ。これを思ってしまったら、もうだめでした。逆に目が冴えて来てしまいます。
なので、受験の日の前日は絶対にこれだけは考えないようにしようと思っていました。おかげで多少遅めではありますが、いつも通りに眠ることが出来ました。ちょっとのことなのですが、とても気をつけさせられました。