自分を変えるきっかけとなった海外留学

夏休みに短期留学でオーストラリアへ一か月行きました。留学を決めた理由は、約二か月ある夏休みを有効に使いたかった・単位を取得出来る・高校の時にも修学旅行でオーストラリアへ行った為再度行ってみたかったからです。
一か月間オーストラリアで、世界中の人が通う語学学校へ通い、ホームステイをしていました。
学校では自分の英語力に合ったクラスで授業を受け、ずっと席に座ったまま授業を受けるだけでなくゲーム等も含めた内容もあり、退屈に思うこともなく充実した内容でした。先生や生徒同士がコミュニケーションを多く図り、英語を話す力をつける為かと思います。
休憩時間も出来る限り英語を使って話す努力をし、一週間ほどで相手が話していることや自分が話したいことをスムーズに会話出来るようにまでなりました。それまでは言葉が通じ合えず一か月滞在することが本当に不安でしたが、次第に自信がついて生活にも慣れ、楽しく過ごすことが出来ました。
人見知りで社交的でない私は、本当に一か月過ごすことが出来るのか不安でいっぱいでした。しかし結果として充実した貴重な経験が出来て留学を決断して良かったと思いますし、大学生活の中で一番思い出に残るものとなりました。