自動車教習合宿の思い出

私が大学一年生のころのことでした。大学生になったし、自動車免許でもとろうかという話になって、クラスの友達とその友人の3人で自動車免許の教習合宿に参加しました。費用は20万後半、場所は福島になりました。オートマにするかマニュアルにするかは少し議論があったのですが、予定の兼ね合い上、2日間短いオートマで行くことになりました。教習所では、夜は毎日持参したゲームで遊び、学科は非常に眠かったです。実技は、初めはなかなか慣れることができず、私一人連泊してしまうのではないかと危ぶまれたほどでした。しかし、実際には何とか卒業試験も合格することができ、3人そろって帰路に就くことができました。合宿中、最も記憶に残っているのは、卒業試験前の見極めで、見極めというのは、卒業試験に臨めるだけの理解度、技術があるかどうかを見極めるもので、私はそこで、その教習所で最も厳しいと噂の教官に当たってしまい、絶望しました。教習中も、何度かそんなんじゃだめだよ、と怒鳴られたので正直危ないかなと思ったのですが、ぎりぎりだな、と最後に言われつつも何とか見極めをもらうことができました。一番危なかったのはここで、その後の卒業試験はむしろ余裕で合格することができました。