自己管理のとの闘い

私は大学には浪人して入ったので受験は一人暮らしをしながら迎えました。
一人暮らしをしながら受験をするというのは大変です。
一番大変なことは自分で時間管理をしなくてはならないことです。

高校にいる間は高校でも受験対策をしてくれるわけですから一定の時間は確保できますが、浪人となると、そうはいかずに自分ですべてを管理する必要があります。
朝勉強するのか、夜勉強するのか、バイトが入ると勉強はできませんから、ほんの少しの合間でも参考書を読んで勉強をするわけですから大変です。

受験というのは自己管理が大事だと塾で聞いたことがあります。
あれはたぶん正しいです。
受験に落ちるというのはただ単に勉強不足であることが多く、例えば予定を勘違いしていた、願書を出し忘れたなどの例外を除けばすべて自己責任です。

その事を思知ったのが浪人だったというわけです。
自己管理が大変であるのは当たり前のことで、問題はその上で受験をクリアできるスキルがあるということが絶対に重要なことなのです。