自然が豊かだった大学

私は大学の周辺の自然が好きでした。私が通っていた大学は自然豊かな場所にあり、いつでも良い空気を吸えるようになっていました。緑がたくさんあり、高層ビルや車ばかりの自分の住まい近辺とは全く景色が異なっていて新鮮そのものでした。
私はそんな自然豊かな環境が好きで、毎日気合いを入れて通っていました。大学は4年間しかありませんから、できるだけたくさんその自然に触れようと真面目に通っていたんです。大学生として当たり前なことですけどね。でも勉強がそれほど好きではなかった私が必死になって毎日通っていたのですから、その自然は今まで見たことのないものだったのだと思います。
田舎っぽい雰囲気が好きな私としては、いつまでも大学に通いたいという気持ちが強かったです。最終的にきっちり4年間で卒業して大学を離れることになりましたが、卒業してからも学祭にはなるべく行くようにして、空気の良さ、自然の豊かさを思い出すようにしています。とても良い環境で勉強ができたと今は満足しています。