自販機補充のアルバイトについて

街中や駅にある自販機の飲み物を補充する仕事も、基本的にはアルバイトが行っていることが多いです。
指定されたエリアの自販機に飲み物を補充して、あとは空き缶やペットボトルを回収するだけなので、仕事内容自体は単純で難しくありません。
ただ、そこそこ重い飲み物が入ったダンボール箱を運ばないといけません。
特に、自販機のすぐそばにトラックを泊められない場合、自販機まで持ち運ばないといけないので、それなりに体力が必要なアルバイトではあります。
それでも、引越しのアルバイトに比べれば遥かに負担は少ないので、そこまで体力に自信がない人でも大丈夫でしょう。
さて、飲み物は基本的にトラックで運ぶことになるので、トラックを運転できる免許証を持っていればかなり採用で有利になります。
もっとも、運転免許がなかったとしても、運転手と同伴で一緒に補充しに行くケースも多いので、免許証がないからと言って採用されないわけではありません。