良い思い出が一切ない就職活動

就職活動って本音を言えば、良い思い出が一切ありません。
これは、みなさんも同じことだと思います。
その理由は、就活って辛いことや、しんどいことの方が大多数だからです。
例えば、私は全国各地で活動をしていましたが、移動だけでも結構疲れました。

例えば、地方から東京に行くときも、飛行機に乗って空港から電車に乗って、
目的地に行くのは結構体力的に辛いです。
それが、1回や2回ならば良いのですが、就活って繰り返しそれをしないといけません。
そして、精神的にも就活は疲れますよね。

やっぱり、不採用通知が送られてくると、自分の全てがダメなような錯覚に陥ります。
特に、面接などで手ごたえがあった会社から、不採用通知を貰うとそう思いました。
他にも、就職活動は精神的にどん底になることもあり、今でも良い思い出が一切ないですね。
そして今は何とか、就職して働いてはいるのですが、もう就活は一生したくないですね。
あれほど辛いことイベントって、正直あんまりないと思います。