良い経験となった大学の学園祭

学園祭というと私が覚えているのは自宅近くにあった大学の学園祭へ友人と出かけたことです。当時私はその大学に通っていたわけではなく、高校三年生でちょうど就職か進学かで迷っていた時期でした。そのため大学を見学がてら学園祭へ行ってみたのです。
大学というのは高校の校舎とは違い、校内は広々としており、おまけに緑があちこちにあっていかにもキャンパスといった感じでした。そこに模擬店や趣向を凝らしたステージが所狭しと並んでおり、大学の門を潜った瞬間テンションが上がったものでした。
そしてまず最初に覗いたのは校舎内にあったそこの大学に在学している方たちが作ったという洋服や雑貨を並べているお店です。手作りとは思えない可愛らしいものばかりで、おまけに値段も安く私はワンピースをそこで一つ買いました。
その後も様々な店を観て回り、大学の雰囲気を満喫しました。結局その大学へ進学することはなかったのですが、とても良い経験になったと思います。