色々なことに首をつっこんでおく

サークル活動も一区切りを終え、後は後輩学年に引き継ぐだけとなると、そろそろ就職活動の時期がやってきます。
自己PRをする上で、学業での専門分野や研究内容の次に重要なのは、学業以外の面での自分を知ってもらうことです。
エントリーシートでも面接でも、自分の魅力をアピールするために、一生懸命に働いたアルバイトや、地域に貢献したボランティア、中でもサークルでの活動で得られたものを自己PRに使う人が多いようです。
サークル内での仕事や役割をいかにこなし、先輩・後輩との関わり方にどのように神経を使い、自分自身を磨くのにどんな苦労があったなど。
サークルでは色々なことに首を突っ込んでおくと、このような自己PRの際に使えます。
会計・監査、広報、マネージャー・・・。
自分がその中心にいなくても、首を突っ込んで手伝うだけでも、経験は増え身に付くこともあります。
サークルの活動だけに一生懸命にならず、多少面倒くさくてもその運営側も知っておくことは、みんなの手助けになるだけ出なく、就活の際に大きなアピールポイントになります。