色々なアルバイトを経験する

大学の4年間の思い出として、色々なアルバイトをしたことがあります。
大学一年生の時に塾の個別指導で講師をしたことを初めとして、ホールスタッフ、お漬物の販売など色々な経験をしました。

社会人になってからはこのようなアルバイトをする機会はないので、学生時代にできたことが良かったなと思います。自分の大人としての経験を積む機会にもなりましたし、働いている社員の人から色々なことを学びました。

自分でお金を稼ぐということが、自信にもつながりました。
バイトで貯めたお金で遊びに行ったり、旅行をしたりと有意義に過ごしましたし、親にお金の面でお世話になっている状態から抜け出せたように思いました。

最も思い出に残っているのは、お漬物の販売です。小さいお店で売り上げも管理していて、自分が一生懸命売ったらそれが結果として返ってくることが、とてもおもしろかったです。観光客の人とやり取りをしたり、試食を勧めたりして、やりがいがありました。