花の女子大生時代の思い出

大学生の頃は、勉強をしたりアルバイトをしたりと毎日忙しく時間が過ぎていくことが多かったです。
ただ、バイトを入れていない日や休日にはよく友達とファミリーレストランへ行って安いお酒を飲みながらおしゃべりしたり、彼氏の家に行って映画を見てダラダラとすごしたり、あまりお金をかけない娯楽でも本当に楽しかった思い出があります。
私が大学生の頃、一番大変だったことと言えば卒業論文を書くことでした。
勉強にとにかく不真面目で論文を書くための知識が本当に不完全でしたし、先生に質問したり相談しようと思っても、先生に話すための知識すら無くて焦りました。
ただ、頑張って少し勉強をするようにしたり、先生にはどんな本を読めばよいのかアドバイスをもらったおかげで、少しずつ前進をして卒論を書いていくことが出来ました。
本やインターネットでずいぶんと入れ知恵をしましたが、なんとか卒論を書ききれて卒業出来たので、卒論を諦めずに真剣に書けたのは本当に良かった思い出です。