花粉症の先輩に尊敬しました

私が勤めていたバイト先は運が良いことに優しい先輩ばかりでした。分からないことは丁寧に教えてくれましたし、困ったことがあれば助けに来てくれました。自分は恵まれた存在だなと思わされたものです。
そんな先輩方の中でも、特に仕事ができる先輩がいました。陽気な先輩で、いつもニコニコしています。いたずらもよくするのでニヤニヤと表現した方が良いかもしれません。ただ、そのいたずらも店の雰囲気をよくするためのものであったと思われます。そんな先輩がある日とても苦しんでいました。春のことだったのですが、その原因は花粉症です。私も花粉症には悩まされているのですが、花粉症はストレスを抱えているとなりやすいとされます。いつもニコニコ、ニヤニヤしている先輩ですが、花粉症に罹っているということはストレスをたくさん抱えているということ。しかし、そんな素振りは全く感じませんでした。鼻水で苦しんでいても笑顔でいる先輩に、私は尊敬の念を禁じ得ませんでした。