芸術系はとっても授業がハードです

私は大学が美大だったのですが、授業がもの凄くハードでした。
講義は一般的なものと同じです。
しかし実技は提出日までに仕上げるのが大変で、制作規模もやはり大学ということで規格が様々。
大学に進学するまでは手を広げた範囲で収まるような物を作ってきましたが、自分の身長より高いものを作ったり、パネルや壁に絵を描いたり。
それをシビアな期限で提出しなくてはならないので、夜遅くまで残ってやらなくてはならないんです。
私は学校の近くに住んでいましたから制作に夜遅くまで時間を裂くのはまだ平気でしたが、遠くから通ってる子は帰るのが深夜過ぎということもザラですごく大変そうでした。
期限前は本当に修羅場で、なんだか漫画家さんになった気分でしたね。

理系も研究で大変と聞きますが、芸術関連も作品制作が大変です。体力ない人は体力つけた方が良いかも知れません。頭も使うけど、手と腕はめちゃくちゃ使うし、体全体使うものも多いので、体動かすのが好きな人の方が案外向いているのかも?
なんて、大学生活を振り返って思いますね。入学前は純粋に創作できる大学って思ってましたので。でも色々なものを作れて楽しかったですよ。