苦しかった大学受験

私が大学受験のときは、高校受験のときほど一生懸命やらなかった記憶があります。
絶対行きたい学校が定まっていた高校受験のときとは違い、大学に関しては特に行きたいところが無かったのです。
ちゃんとした目標が無いまま受験勉強した私は、結局地元の私立大学に進みました。
行きたいところがないなら大学に行かなければいいのにと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうもいかなかったのです。
「大学は出とけ」というかんじでしょうか。
でも、大学生活は楽しかったですし、色んなことを学べたので、結局は行ってよかったのだと思います。
ただ、もっと勉強してればもっとレベルの高い大学に行けたのかもしれませんが、当時の私はあれが精一杯でした。
精一杯の中でやってことなので、後悔はしていません。
気が乗らない中での受験勉強は辛かったですが、そこから得るものもあったと私は信じたいです。
大学受験というのは目標が無いと本当に苦しいですが、目標を見つけたときは最強になれると思います。