苦手教科はひたすら復習

私が受験の時に、苦戦をしていたのは英語でした。私は中学時代から英語の点数だけが悪くて、幾度も悔しい思いをしてきました。そして、近くの英語塾に通ったりもしていましたが、成果は目に見えてきませんでしたね。

そして、大学受験が近づいてくると、やっぱり英語が心配だったので不安でした。そこで、私が行ったことは中学時代の教科書を読み直すことです。これは、結構時間が掛かりましたが、やむを得ずにやりました。

結果を言えば、これがかなりの効果がありました。それは、苦手な教科って自然と苦手意識が強くなるため、初めから諦めている部分が多いです。そのため、もう一度復習をしてみることで、その苦手意識に打ち勝つことが出来ます。

私も中学の教科書を読みなおしてみると、苦手意識に負けそうになりましたが、やっているうちに意外と簡単なことも多かったです。特に、英語は文法が分かればすらすらと理解が出来るので、ひたすら文法の復習をしました。

その結果、受験でも何とか英語の問題が解けたので、復習をして本当に良かったと思っています。