草食化する男子大学生達

草食系男子という言葉があるように、最近は大学生達の恋愛も消極的になる傾向があるようです。晩婚化や未婚率の上昇が進んでいますので、なんとか大学生に恋愛をしてもらいたいものです。
私が大学生だったときは積極的に恋愛を行いました。社会人になると仕事仕事で恋愛に時間を割く暇がほとんど無くなります。大学生という人生で最も時間に恵まれたときを生かし、将来のパートナーを積極的に探していくべきだと思うのです。
時間だけでなく、社会人になると出会いも少なくなります。ジョブローテーションのある会社でも周期は3~5年あたりのところが多いですから、若いうちに職場で出会える機会というのは数えるほどになってしまいますし、かといってその他に目立った出会いの場があるというわけでもありません。
ですので、時間にも出会いの数にも恵まれている大学時代というのは、将来の最も良いパートナーを見つけるのに最適なときなのです。目に見えなくても、感じ取れなくても、恋愛において物凄く重要なポジションに大学生は立っているのです。