街歩きのサークル

大学時代というと今から30年も前になりますが、今、テレビで流行っている「タレントが何の目的もなしに町をぶらぶらする」という企画を、当時やっていました。(最先端ですね、とえばりたい感じもありますが、よく考えたら他愛ないことです)
最初は他の女子大と一緒にやるミーハーなテニスサークルに入っていたのですが、あまりに「男女交際」的なムードがあってしんどかったのと、根本的に絶望的な運動音痴だったので、次第に疎遠になり、どうしようと思っていた時に、知り合いから「街歩きのサークルがあるけど、どう?」と誘われたのです。
入ってみると活動内容は本当に「街をぶらぶら歩くだけ」というもので、それが、今回は浅草、今回は原宿、今回は湘南、といった具合に進んでいくのです。
一応、会報があってたまに発行されるので、それを編集するのが「勤勉」なところでしたが、それ以外は本当に、ぶらぶらとしたサークルで、居心地はかなり良かったものでした。
そんなサークルが唯一毎年根性を出したのが、夏休みに山手線に沿って夜中に1周する、というイベントです。1周すると35kmあるので、軟弱サークルにはかなりのハードルでした。いつも五反田あたりからスタートして、明け方に駒込あたりで朝日を見るのですが、それがそれなりに達成感のあるものでした。