衣料品店のスタッフは難しい事

衣料品店でアルバイトをしているときに、よく言われたのが「お客さんのニーズに合った商品を提供すること」という言葉でした。

お客さんが何を探してるのかいち早く聞いて、求めているサイズの商品を提供するという話です。しかし、お客さんの多くはサイズ選びではなく、デザインとかセンスが良い服は他にないのか?あたりの質問をしてくるので、私としては何とも答えにくいのです。

品揃えに関しては、店内スタッフのアルバイトがどんなに努力しても変えられない部分なので、店長やバイヤーなどにその部分を伝えることになります。これが中々辛い作業なのです。

商品を仕入れたスタッフのセンスが疑われるような事となるのですが、お客さんのニーズをしっかり伝えないと今後の売り上げに響いてくるので、気合いを入れて言うようにしていました。

ですが、売り上げが悪いといかにも現場のスタッフの接客が悪いような変な空気になるので、よく売れる商品が入荷しないと仕事が面白くなくなってくるのです。