見つけたらすぐさまダッシュです!

レンタルショップでバイトをしていました。主にレジやら商品の返却処理やらをしていました。セールで大量に借りられた商品が帰って来る時は、返却ボックスに張り込み、ずっと返却処理をしていました。中には商品が入っていなかったり、他のお店の商品があったり、私物が入っていたりということがあります。その場合、電話をして持って来てもらう、又は取りに来てもらう必要があります。袋を開ける瞬間は毎回緊張していました。しかし、見なくてもおかしいと分かることもあります。それは、別のお店の商品を返却された場合です。
勤め先であるレンタルショップの近くには、他のレンタルショップがありました。ライバル店です。互いに鎬を削っていました。そこのお店の商品がたまに返却されることがあるのです。商品を入れる袋が違うので、その場合はすぐに分かります。電話するのが面倒なので、「この商品を返していったのは、どのお客さん!?」とすぐに探します。感謝してもらうことが多いですが、こちらとしては勘弁して下さいと思っています。