見識が深まった講義

高校までの授業は、はっきり言って大学受験対策の授業といった感じでしたが、社会との接点を持った授業というのは大学独特の講義だったと思います。たとえば、ジェンダー論の講義では、教授の話を聞くだけではなくて、実際の社会でいきている同性愛カップルのはなしや、風俗業ではたらいている女性の話などを生できくことができました。こういった経験は、普段の生活ではなかなかできないので、大学の講義を聴くことで、世の中のいろいろな人の話や体験を知ることができました。
こうした体験をできた講義はジェンダー論だけにとどまらず、むかしから被差別地域とよばれていたような地域についての話もきけました。こういう話は、地域独特だったりするので、実家をでて大学に通うことになったわたしには、いかに自分が無知だったかをしらされた講義といえました。
このように、今まで向き合うことのなかった社会的な問題と向き合うことになって、高校までには得られなかった見識をえられました。