規則正しい大学生生活

一人暮らしをしながら大学に通学していた学生時代、後悔が無いように規則正しく清く大学生活を終えたいと、毎日爽やかな気分で生活をしていました。
大学生活はいわば社会人になるためのステップですので、社会人として暮らすのと同様、緊張感を持って生活をしたいと考えていました。
大学生生活はついだらけてしまう傾向にあるようであり、飲み代にお金を使いすぎてしまい水道代が支払えなくなった。教科書代を使い込んでしまいお金に困った。寝坊、遅刻が当たり前になってしまった。といった生活の友人が沢山いました。
私は学校が始まる時刻は朝の10時からであっても、朝の6時半に起床をして勉学と家事と朝食を終え、勉学に飽きた頃に大学まで通学をし、大学では講義を真面目に聞いて昼食は学食で食べ、自宅に帰るとつい遊んでしまうために学校で勉学を行い、夜遅くなったら帰宅をして風呂に入り夕食を作って食べ、少々インターネットをしてリラックスをしてから眠る、といった生活をしていました。