親に反対されないのを良い事に

大学生の時は一人暮らしでしたから、何かと反対する親が居ません。
それを良い事に、実家に居たらできない事を結構、しました。

そのうち、大きなものの1つが「中国拳法の道場へ通う」と言うことでした。
実家はかなりの田舎ですから、柔道の道場がある程度です。
せっかく東京に出てきたワケですから、何か特別なものを身につけたいですよね。
こういう怪我をしそうな事、その割に立身出世と関係ない事については、親というのは否定的です。
しかし、今はその親が身近に居ません。
長い目で考えたら、絶対に自分にプラスになりそうですし、ダメなら止めれば良いだけの話です。
道場は通学時の乗り継ぎ駅の近くにあるはずなので、住所を頼りに探しに行きました。

ところが・・・。
1時間探しても道場が見つかりません。
2時間探しても見つかりません。
何か、よほど奥まった所にあるのでしょうか・・・?
半分意地になって探しまわって、とうとう道場を見つけた時には夕方になっていました。

こうして、乏しい生活費から毎月7千円も捻出して通う事になった道場に、結局、自分は10年以上も通う事になりました。
先生が尊敬できる人だったのと、結局は、自分に合っていたのでしょう。

結果的に、自分は一生物の趣味を見つけたワケです。
大学生ともなれば大人ですから、たまには親の意向に逆らっても良い気がします。