親の受験に対する姿勢

子ども自身が受験に対してやる気があるかどうかかが一番大事なのですが、それを見守る親がどういったスタンスでいるかということは、とても大事です。中学受験は親も関わりますし、高校受験でも、まだ受験をするのは中学生なので親の役割は大きいです。

勉強しろ、勉強しろと追い込むのは子どもを辛くしてしまいますので、どうやってやる気を出して勉強できるかを考えて、関わっていきます。
子どもに合っている塾に行かせる、成績について一緒に考え、どう頑張るかを話し合う、子どもの成績が良かった時には思いっきりほめるなど、安心して勉強できるように配慮します。

受験に関して口出しして過干渉な親も困りますし、放任主義すぎて何もしてくれない親も困ります。
適度な距離感を大事にして、自分の考えを押し付けずに子どもを応援してくれる親が求められていると思います。私も高校、大学と受験しましたが、親の過干渉には悩まされましたし、子どもがどうしてほしいかをしっかりと見る力を持ってほしいと思いました。