解体作業のアルバイト

私は建物の解体作業のアルバイトをしたことがあります。
単発の仕事でいくつか体力を使うアルバイトをしたことはありましたが、これもなかなか体力の要る仕事だったのを覚えています。
雇われて最初の朝、出勤してまず最初にしたのはラジオ体操でした。
きっと他の体力を使う作業ではラジオ体操をしてから仕事に入るのが鉄則なのかもしれませんが、私にとってこれは初めての経験だったので、驚きと同時に、きっとその後の仕事でものすごく体力を消耗したり下手をしたら怪我をする恐れさえあるのではないかと、微妙な怯えを感じたことを覚えています。
私がしたのは、他の従業員が破壊した壁の残骸を一輪車に乗せて、外に運び出すという作業でした。
文字に起こすと単純な作業ですが、この残骸はかなり重く、ただ押して運ぶだけなのに息を切らして運んでいたことを覚えています。
なんだかんだで就業時間が終わり、解放された安ど感と達成感を強く感じたことも印象的でした。
数日続けましたが、体重がいくらか落ち、筋肉もつき、ダイエットという付加価値もあるなぁと感じました。