計算にとても苦労しました

私は会社でのお金の流れに強くなろうと思い、簿記を学ぶことにしました。
簿記を学ぶことによって、一般的な事務よりも有利な立場に立とうと思ったのです。
ですが私は計算がとても苦手なのです。数学レベルではなく、算数レベルから私は計算を苦手としていたのです。
そんな私が計算の多い簿記を学ぶことにしたのですから、一筋縄で行くはずがなかったのです。
簿記で学ぶ言葉は聞いたことがない物ばかりで、言葉を覚えるだけでも大変でした。
そこへ来て更に複雑な計算をしなければならないのですから、頭がこんがらがってしまうほどでした。
そんなこんなで簿記を一通り学んだところで、私は簿記検定三級の試験を受験する事にしました。
簿記検定三級は簿記を学び始めた初心者には、ちょうど良いレベルだったのです。
試験中は計算に手間取りましたが、何とか時間内に終わらせる事が出来ました。
ですが試験用紙を見返して、計算間違いに気づいて慌てて修正出来たのは試験終了数秒前でした。
そんな事もありましたが、何とか試験にも合格出来て、本当にうれしかったです。