評定平均アップを目指す

大学の推薦入学の場合、避けて通れない審査基準の一つに評定平均があります。これの最低ラインを設けて、そこに到達できない生徒は受験が難しくなるというシステムを導入している大学もあるほどです。
評定平均をアップさせるためには、純粋に学力を上げればいいのが一つです。これは日々の勉強の予習復習でしたり、塾に行って指導してもらうのが効果的です。私生活が忙しいなら、通学中にノートを見たり風呂に入りながら今日やった授業の復習を頭の中でやるといいです。
後はできるだけ発言をするといいでしょう。特に、クラスの誰もが発言しない時がチャンスです。高校生くらいになるとわかっていても発言しない人がいるかもしれませんが、推薦入試を選びたい人にとってこうした行為は勿体無いです。他に誰も手を上げていない時でしたらあまり恥ずかしさもないと思いますし、それも積み重ねていけば先生にいい意味で目をつけられます。それが結果的には通知表の点数に反映されるので、これは実行する他ないでしょう。