試食・試飲販売をするときに気を付けていた事

例えば「そうめんのつゆ」の試食販売をする時に私が気を付けていたのは、「そうめんの湯で加減」と「薬味の新鮮さ」です。これに気を付ける事によってせっかくお勧めする「そうめんのつゆ」の味のイメージを、極力落とさないように気を付けました。確かにこれらの下準備はデモンストレーションする時間を短くしない為にも、手早くする事は大切だと思います。しかしこの工程をきちんと丁寧にする事により、多くの人に拒否される事なく試食して頂けるのだと私は感じます。
また試食や試飲をして頂く量をなるべくケチらない様にするのも大切だと思います。例えばお子さんがもう一つ欲しそうだった場合、迷わず試食してもらうようにしています。決められた量を守るのは大切ですが、ビールなども「もう一杯飲まないと味の良し悪しが分からない」とおっしゃる方にはもう一杯渡します。簡単な事ですが、これで意外とすんなり買って貰えますし、購入して頂ければ、より宣伝にもなると私は思います。