試験当日にはチョコレートを食べる

受験の当日には何かと緊張ししまうので、食事が喉を通らなかったり何度も時計を見たりしてそわそわしてしまいます。そのような浮き足だった状態を落ち着かせるのが、コーヒーやチョコレート、ミルクティーなどの糖分やカフェインが入っている飲料などです。

カフェインの覚醒作用は、気分をハイテンションにしたり、逆に落ち着ける作用があったりと状況によって変わってくるのですが、受験の当日などの場合は、脳の活性を高めるためにチョコレートやアーモンドなどを食べる方が良いと思います。

私の場合はキャラメルが好きだったので、起きてから試験会場に行くまで単語帳を眺めながらキャラメルをずっと食べていました。そうすることで脳へのエネルギーを十分に充填してることができるのです。

この調子がいつもの私なので、そのままの状態で試験に臨むようにしました。結局はいつもと違う事をして調子を狂わせるよりも、昨日飲んだドリンクを今日も飲んで、好きなお菓子を食べながら試験の時間がくるのを待つ方がベストだと思います。