試験監督のアルバイト

学生時代に英検の試験監督のアルバイトをサークルの仲間と体験したことがあります。

通っていた大学の近くにある国立大学が会場でした。朝8時ごろに集合。服装は男子ならネクタイ着用。

仕事は夕方5時ごろまでで休憩時間を除いた拘束時間は8時間ほどだったでしょうか。実際の業務はアルバイトが二人一組となって答案の配布と回収、試験時間の開始と終了を通告するをしました。試験中も困っている受験者がいないか、会場の教室を巡回するように指示を受けていました。

受験者たちはみな真剣に試験に集中しているので、試験時間の間は集中を妨げないように、そっと会場を回るという配慮も必要です。

試験が終わった後は解答用紙を回収して、運営側に渡します。試験監督のアルバイトで大切なところは、業務の開始時間が朝早いことが多いため、仕事の前日は十分に休息をとっておくことでしょうか。もちろん受験者の集中を妨げないような配慮も必要になると思います。