試験監督のアルバイトの思い出

学生時代にはアルバイトに精を出しましたが、なかでもよく仕事をしたのが大学受験模試の試験監督。大規模な模試だったので受験者も、アルバイトのスタッフも大人数でした。集合時間は朝8時と早め。服装はネクタイ着用でした。仕事の終了時間は夕方の6時ごろ。休憩時間を除いた仕事時間は10時間以上になりました。業務内容は解答用紙と問題用紙の配布と回収でした。2人1組となって、大教室の各受験者に渡していきました。気をつけなければならないのは、解答用紙の回収でした。もっとも後ろに座っている受験者から前のほうに順番に回収しなければなりません。受験番号の順になっていたからでした。これがなにかの拍子にずれてしまうと、後のコンピューターによる集計作業に狂いが生じるということでした。そのためミスがないように気を配って仕事をしました。受験者にとっては志望校合格への実力を測る機会。アルバイトといえども真剣に仕事をしたのを覚えています。