講師のアルバイトに必要なもの

小人数制の塾講師や家庭教師のアルバイトで求められるものって、先生本人の頭の良さじゃないんですよね。
勿論ものすごく勉強が出来ない人は論外ですし、採用面接のときに学力テストも行われますが、実際に仕事をしてみると、単に頭が良い先生が結果を出せる、というわけでもないんです。
なんといったって、勉強が好きな生徒なんて少ないんですから。
多くの生徒…少なくとも私が受け持った生徒の多くは、勉強が嫌いで集中力がなく、宿題をやって来ないことがしばしばありました。
講師に求められる事は、そんな生徒のやる気をうまく引き出すという事。
厳しすぎてもついてきてくれませんし、甘やかしすぎると舐められてしまいます。アメと鞭ではありませんが、優しい・厳しいの比率がかなり重要です。または、うまく気分を乗せられるコミュニケーション力があると、生徒のやる気を出させてあげられるかもしれません。
しかし、どんな先生にも共通して必要なのは「根気」です。
成績の良くない子、やる気のない子、集中力が続かない子…そんな子たちと付き合い続けるには、同じ目線で話しすぎるのは時に足かせとなってしまうのです。