講師の選び方

多くの受験生は、学校の勉強だけでは受験には勉強量が不十分だと思ってます。そのため受験に必要な勉強をしようと思ったのならば、独学で勉強するか、もしくは塾や予備校に通って勉強するかのどちらかの選択をすると思います。
本当は、独学だけでも受験に十分な学力をつけることは不可能でありません。
しかし、効率よく限られた時間内で受験を乗り越えるためには、多くの人は独学ではなく予備校や塾に行って勉強をすることを選ぶ傾向があるようです。
受験勉強の中心が塾や予備校ということは、そこでの勉強が合否を左右することになるので、予備校の授業は慎重に選ばなければならないと思います。
しかし、予備校での授業選びは実は簡単なのです。それは大手予備校には多くの受験生を毎年難関大学に合格させている実力のある講師が在籍しているので、そのような講師の授業を受講すればいいのです。
このような実績のある講師は、所謂「単科」と呼ばれる一科目から履修できる授業を持っているのですぐに分かります。