警備員のアルバイト体験について

私は今から17年以上前の当時私がまだ大学に通う大学生だった時代に数多くのアルバイトを経験しました。
その中でも特に印象が深く今でも思い出に残っているアルバイトが警備員のアルバイトです。
私は大学3年生の時に就職活動を始めたのですが、就職活動の合間に行っていたのが警備員のアルバイトで、主にライトが点灯する棒を使って交通誘導を行う警備員の仕事や工事現場の入口で建設現場の職人さん達が乗りつける車の駐車場への誘導の仕事などを担当させてもらいました。
警備員のアルバイトを始めた頃は分からない事が多く工事現場などで職人さんから怒られてしまう事もしょっちゅうでしたが、その内仕事にも慣れてきて缶コーヒーを以前私の事をこっぴどく叱った職人さんから頂いた時には感動した事を記憶しています。
警備員のアルバイトは夜勤の仕事もあり、深夜の道路工事の交通誘導をした時には眠気を覚ます為に休憩時間にカフェイン入りのガムを噛んでいた事を覚えています。