警備員の仕事は難しい

割と簡単なアルバイトだと言われている警備員の仕事をやったことがあります。私が警備するのは大きな会社の一階部分でした。セキュリティーで守られているビルであったのですが、敷地が結構広いのでその周りをチェックする必要があります。

会社の業務が終了してから数時間が経過し、当たりが真っ暗になる頃に仕事を開始します。として明け方の時間まで巡回するのです。少なくとも1時間に一階は基地内の外周を確認する事になっているので、居眠りすることは出来ないのです。

何か異常があればレポートにまとめて、クライアントに提出することが言われていたので、自分としては何も起きずに時間が過ぎて欲しいとずっと思っていました。

30分程度でも眠って良いのなら最高の仕事だと思いますが、何もすることがない場所で起きているのは結構辛いことです。スポーツ新聞や雑誌などを持っていくことがありますが、細かい字を読んでいるとすぐに睡魔が襲ってくるのです。

なので、以外にも警備員の仕事は辛いのです。