貯金のためにアルバイトを始めたものの

アルバイトをしていた時期、アルバイト代は少しは使わないと駄目だなと実感をしました。
貯金のためにアルバイトを始めた私、貯金にのめりこんでしまいアルバイトをしても食費すら節約をし、たったの500円の欲しいおもちゃでも我慢をしてしまっていました。
そういった我慢がストレスとなり、アルバイトに倦んでしまったのですが、周囲が欲しい物を買い、食べたい物を食べているのを見て、私もお金を使うべきなのだとアルバイト代の10分の一程度のお金を無駄に使うようになり、そこからアルバイトをして働く事が楽しくなりました。
お金は使わないといけないんだ、と思えましたね。
経済のためになりますし、自己投資にもなります。
アルバイトに行くための洋服、鞄、化粧品といったアイテムも買い、よりアルバイトをして働く事が楽しくなりました。
アルバイトをして働いている間も、笑顔が増えたのではないでしょうか。
働く意味がある、という意識はとても大切なようです。