赤字のお店に勤めていました。

アルバイトで紅茶専門店に勤めていました。それまで、同じチェーン店で働いたこともあるのですが、今までの店舗はメチャクチャ忙しくて、貰っている給料と割が合わないと思うくらいでした。ですが、紅茶専門店では、その真逆ですごい赤字の店だったんです。
土日は、メチャクチャ混むんですが、平日のランチ以外がガラガラでした。とにかく閑古鳥ないてるのか?ってくらいにガラガラ。それも3フロアあるので、とても広いんです。
2階のフロアなんて、昼寝してしまうお客さまがいても、放置してしまうほど人が来ない。なのに、コストは普通にかかります。一日のコストがたしか10万だったとか聞いたのですが、そんなんじゃやってけないと思う日もたくさんありました。
それなのに、店長さんはやたらとこだわりのある人で、利益率の低い手作りスコーンやケーキを作っていました。さらに、試作品を常連さんにどんどん配るので、売上にならない(笑)。
美味しい紅茶をたくさん提供してくれていたのですが、赤字なのでもったいないなーと思ってました。