軽音サークルでの思い出

私は大学で軽音サークルに所属していました。
高校のときからギターを弾いていたので、サークルに入った段階でギターは結構うまい方だったと思います。

でも、私は大学1年の半ばにベースに転向しました。
理由は、サークルの憧れの先輩がベースを弾いていたから。
先輩に近づきたいがために、ベースに転向したいといって相談に乗ってもらったり教えてもらったりしていたのです。
先輩はとても優しい人で、教えてほしいというと何時間でも付き合ってくれる人でした。
先輩の優しさに、どんどん惹かれていった私。

秋の学園祭で、ついに告白することにしました。
先輩は4年だったので、これを逃すともうチャンスがないと思ったからです。
学園祭が終わって片付けなどの準備をしていた時に、思い切って好きですと伝えました。
先輩は、ありがとうとは言ってくれましたが、付き合うことはできないとのこと。

どうやら、先輩には遠距離恋愛中の彼女がいたらしいのです。
だから大学では特定の相手は作らなかったけれど、私にはこんなに時間を割いて優しくしてくれていたのか…と切ない思い出でした。