輸入缶詰の卸会社でアルバイト

力仕事のアルバイトをすれば、高い時給をもらえることが分かっているので、アルバイトの求人情報誌をチェックするときには、決まって力仕事を優先に探すようになりました。

そのほとんどは土建屋さんなどのヘルメットを装着しての作業か、または引越センターなどの業務になります。そんな仕事内容の中で一際目立っていたのが、卸会社のアルバイトでした。

食品会社のようでしたが、仕事内容に興味だったので電話で連絡し面接を受けました。力仕事は何でも大丈夫と強くアピールしておいたので、採用してくれたのです。

そして、実際の業務になったのですが、缶詰のケースをコンテナから上げ下ろししたりするのですが、手作業で行うのはほんの僅かであり、電気式のフォークで、パレット事一気にトラックの中に押し込むのです。

アルバイトでもフォークの操縦が許可されていたので、バックしながらターンに持ち込んだり、フォークを上昇させながら前進させたりと、スキルが相当に高まったのです。