農家でのアルバイト

僕の経験でも思い出に残っているアルバイトは農家でのお手伝いです。

社会人になってのアルバイトでしたが、たまたま家内の実家に
ゴールデンウイークで、帰省している時に近所の農家からヘルプがあったのです。
どんなアルバイトかというと梨の花への受粉つけです。
これは梨を栽培する上で大事な工程らしいのですが、
絵の具の筆で梨の花に受粉させるのです。

当時、あるシステムの営業の仕事をしていたのですが、
JA(農協)も取引先の1つでしたので、農業の勉強の為に
このアルバイトをやってみたのです。

仕事の内容はとても簡単で休憩時間もたっぷりとあるスケジュールです。

自然に触れることのできる仕事とあって精神的にはとても
快適な仕事だったと思います。

しかし、粉が目に入りすごく痛くなったり、痒くなるのが少々辛かったことです。

また、後から考えるとたまたま受粉つけという仕事だけで
本格的に農業に従事することは言葉で言うよりは大変な仕事かもしれません。