農家で出荷作業を手伝うこと

秋口になると、私の知り合いからアルバイトしてみないか?と誘われることが多くあります。その知り合いはジャガイモや大根、白菜などの農家をしており、最も出荷量が多くなる秋口には人手不足になってしまうので、アルバイトを数名雇うのです。

去年に一度そのアルバイトをやったのですが、野菜を集荷する作業というのはとても体力勝負である事が分かりました。機械でトラックに積み込んでくれれば楽なのですが、畑を耕すのは機会ができても、野菜類を選別して箱に積み込み、トラックに乗せるときには手動になってしまうのです。

なので、農家の人たちから教わったような手順で、野菜を段ボールに積み込んでいくのですが、集中力が持続するのは最初の3時間ほどだけです。その後は疲労度があって集中力が低下するのをひたすらこらえながら仕事をして今した。

トラックに乗せる作業は腰のパワーが必要であり、最初の1日目は酷い腰痛に悩まされます。そして翌日以降も筋肉痛を抱えながらの作業になるのでかなりハードな仕事となります。